クレープロボットQ

スイッチひとつで、簡単効率化

調理が難しいクレープの生地づくりをスイッチひとつで、簡単効率化。レコードに載せるターンテーブルのように回転するアツアツの鉄板。スイッチを押すと生地が鉄板の上へ流し込まれ、薄く伸ばしながら生地を焼きあげます。焼きあがった生地は自動で隣の作業台へ運ばれ、あとはクリームやフルーツを人が盛りつければクレープが完成。スイッチひとつのかんたん操作で、調理が難しいクレープの薄生地を安定してつくることができます。